プレステージの口コミを紹介する写真

今回は、2021年春に販売予定のフィリップスのドライヤー"プレステージ"の口コミ体験談をご紹介。

プレステージ買ってみた。

プレステージの1番の特徴は、吹出口の上にあるこの↓SenseIQで、1秒間に30回以上、髪の温度を検知して、常に髪に最適な温風温度で髪を乾かすことができること。

プレステージのSenseIQの写真

 

そのおかげで、プレステージは、こんな感じ↓で、髪をマズマズの美髪に仕上げることができる!

プレステージの美髪効果の写真

フィリップスドライヤー"プレステージ"の美髪効果

このプレステージのマズマズの美髪効果は、SenseIQを使って最適な温度でヘアドライすることで生まれるの。

つまり、プレステージは、通常、美髪効果で有名なドライヤーが持ってる遠赤外線機能とか高浸透ナノイーとか、そういった機能がないの。

だから、正直、レプロナイザー・リファ・ナノケア・ホリスティックキュア・復元ドライヤーとかの美髪効果には届かない。

これが、プレステージの美髪効果の正直な感想。

フィリップスドライヤー"プレステージ"の速乾性

プレステージは、モードを色々切替られるんだけど、美髪をキープしつつ速乾ドライをしたいなら、

ドライ用ノズルをつけて、速乾(Fast)モードでヘアドライするのがおすすめ。

プレステージのドライ用ノズルの写真

これ↑がドライ用ノズル。

で、つけるとこんな感じ。

ドライ用ノズルをつけた写真

さっきも書いたけど、プレステージは、SenseIQで、オートで、温風温度を髪が傷まない最適な温度に調節してくれるの。

だから、ドライヤーの温風が熱すぎるってことがなくて安心安全!

でも、熱すぎない温風でヘアドライするってことは、速乾性が少し落ちるんだよね。

なので、この↑ボブヘアくらいの長さを乾かすのに5分くらいはかかる。

だから、速乾性も、マズマズといった感じかな。

フィリップスドライヤー"プレステージ"の6つのモードと専用ノズル

ここまでの説明だと、プレステージは、速乾性も美髪効果もマズマズで、ちょっとパッとしないのかな?って印象だよね。

でも、プレステージは、他のドライヤーにない、色んな使い方ができるんだ。

だって、プレステージには、使えるモードが6つもあるんだよ。

6つのモードは、コレ↓。

✔ 速乾(Fast)
✔ ジェントル(gentle)
✔ マニュアル(Manual)
✔ スタイル(Style)
✔  カール(Curl)
✔  スカルプ(Scalp)

◆速乾モードとドライ用ノズル

Fast(ファースト)モードは、パワフルな風を送り、短時間で濡れた髪を乾かすモード。

速乾モードの時には、ドライ用ノズルかスタイリング用ノズルが使える。

プレステージのヘアセット用ノズルの写真。

スタイリング用ノズルはコレね↑。

◆ジェントルモード

Gentle(ジェントル)モードは、温度を抑えたやさしい風を送り、髪をケアしながら乾かすモード。

ジェントルモードを使う時も、ドライ用ノズルかスタイリング用ノズルが使える。

ジェントルモードを選択すると、こんな風に↑、モード表示部に"Gentle"と表示される。

◆マニュアルモード

マニュアルモードは、好きな温度&好きな風量でヘアドライができるモード。

マニュアルモード使用時は、ドライ用ノズル・ヘアスタイリング用ノズルの他に、後で説明するカール用ノズルが使える。

プレステージのマニュアルモードの写真

マニュアルモードを選択する時は、ハンドル部分の三角形状に配置されたボタンの左上側の"風量設定ボタン"か"右上側の"温度設定ボタン"を押せばOK。

そうすると、モード表示部には、"Manual"と表示されるはずだから、要チェック。

マニュアルモードは、風量設定も温度設定も3段階から選べるの。

しかも、次に、マニュアルモードを使う時には、この時のチョイスが記憶されてるの。

だから、マニュアルモードっていっても、毎回設定する必要はなく、いつも自分のお気に入りのマニュアルモードを使うことができるんだ。

ちなみに、マニュアルモード使用時は、SenseIQが作動しないんだ。

◆スタイル(Style)モードとスタイリング用ノズル

SenseIQを作動させつつ、スタイリングしたい時は、スタイリング用ノズルをつけて・・・

モード設定ボタンで、Styleモードを選択すればOK。

スタイリング用ノズルを取り付けた写真

これで、頭皮やヘアにダメージの無い温風温度でスタイリングができちゃう!

◆カール(Curl)モードとカール用ノズル

さらに、プレステージには、カールをキレイに出せるカールモードまであるの。

カールモード使用時は、カール用ノズルをつけて、モード設定ボダンでカールモードを選択すればOK。

プレステージのカール用ノズルの写真

カール用ノズルは、コレ↑。

取り付けるとこんな感じ。

カール用ノズルを取り付けたドライヤーの写真

カールをキレイに出したい部分にあてるだけで、ふんわりキレイなカールが出てくるよ。

◆スカルプモード

スカルプモードは、頭皮マッサージができるモード。

スカルプモード使用時は、この↓スカルプケア用ノズルを取り付ける。

プレステージのスカルプ用ノズルの写真。

取り付けるとこんな↓感じ。

スカルプケアモードは、モード設定ボタンで選択すればOK。

選択すると、モード表示部に”Scalp”って表示されるよ。

モード表示部にスカルプモードが表示された写真

※※※

フィリップスドライヤー"プレステージ"は、コレ1台で、スカルプケアからヘアセットまでパーフェクトにできちゃう!!

これが、プレステージのすごいとこだね。

フィリップスドライヤー"プレステージ"を使った感想とデメリット

プレステージ使ってみて思ったのは、Sense IQを使って、頭皮やヘアにダメージを与えない温風温度でヘアドライできるのは、ヘアダメージを気にせず使えるからいいなぁと思った。

ただ、プレステージの美髪効果は、リファやレプロナイザー・ナノケアとかと比べると、ちょっと劣るね。

あと、プレステージ、700gあって、重い・・・。

ココは、デメリットかな。

でも、大きい割には、ワット数は1200Wで、洗面台ユニットでも使える!

で、やっぱり、1台でヘッドスパ級の頭皮マッサージからヘアセットまで簡単にできるのは、お得感ハンパないなぁ~と思った♫

フィリップスドライヤー"プレステージ"の使い方

最後に、プレステージの使い方を説明しておくね。

①電源ON

まずは、電源プラグをコンセントに差し込んで・・・

プレステージの電源スイッチの写真

この↑ハンドル部分についてるスライドスイッチを入れて、電源ON。

②ノズルをつけてモードを選択

電源が入ったら、ケア内容に合ったノズルを取り付けて、ケアモードを選択。

モードの選択は、ハンドル部分に三角形の形に3つ並んでるボタンの1番下の"モード設定ボタン"で選択すればOK。

プレステージのモード設定ボタンの写真

選択したモードは、モード表示部に表示されるのでそこで確認。

(コレだと、Fast(ファースト)モードを選択してる状態。

③ケア開始!!

ここまで準備できたら、ケアを開始すればOK。

冷風ケアをしたい時は、クールショットボタンを押せば、裏がにあるクールショットボタンを押せば冷風に切り替わるよ。

プレステージのクールショットボタンの写真

洗髪後、スカルプケア➡ヘアドライ➡ヘアセットの順にケアするのがおすすめ♪

※※※

スカルプ用ノズルとカール用ノズルがついたヘアドライヤー、今まで無かったから、とっても革命的。

1台で、本格的スカルプケアからスタイリングまでできるのは、とっても嬉しい。

CHECK!!


インスタほぼ毎日更新してます♪ 

↑青ボタンクリックで、ぜひフォローを!!