復元ドライヤー(FUKUGEN DRYER)とパナソニックのナノケアドライヤーを比較した写真

今回は、復元ドライヤー(FUKUGEN DRYER)とパナソニックの最新機種 ナノケアドライヤー(EH-NA0B)を比較するよ。

復元ドライヤーとナノケアドライヤー、どっちが良いか迷っている絵

こんな疑問をお持ちの方、この記事を読んだら、自ずと答えがでるから、読んでみてね。

そうそう。復元ドライヤーってルーブルドー社から販売されてたんだけど、販売中止になったみたいだから、今は、マクセルイズミ社が販売してるFUKUGEN DRYERを買うといいよ。

復元ドライヤーもFUKUGEN DRYERも同じものだからね。

復元ドライヤーもナノケアもどちらにも共通な優秀ポイント3つ

まず、復元ドライヤーとナノケアドライヤー、どちらにも共通している優秀なポイント3つをご紹介。

復元ドライヤーとナノケアに共通の優秀ポイント3つ
  1. 髪がサラサラになる。
  2. 髪や頭皮に優しいモードがある。
  3. スキンケアモードがある。

①髪がサラサラになる効果

復元ドライヤーもナノケアも、どちらにも共通する優秀なポイント1つ目は、髪のうねりが取れて、髪がサラサラサラーってなること。

復元ドライヤーのサラサラ効果

まずは、復元ドライヤーのサラサラ効果はコチラ。

復元ドライヤーの効果を表す写真

復元ドライヤーでヘアドライすると、髪がサラッサラになるよ。

復元ドライヤーで髪がサラサラになった写真

しかも、サラ髪がしっとりしてまとまるから、とっても扱いやすくなる!

高浸透「ナノイー」の効果

次に、ナノケアの高浸透「ナノイー」のサラサラ効果は、コチラ。

高浸透「ナノイー」の効果を表す写真

ナノケアも、髪がサラサラーサラサラサラサラーってなって、髪が下方向にストーンと落ちるの。

ナノケアドライヤーの美髪効果を表す写真

ドライヤーあてればあてるほど、頭のてっぺんの切れ毛もおさまってくるしね。

ナノケアドライヤーの毛先集中モードの効果を表す写真

ナノケアには、毛先集中モードがあるから、これで毛先をケアすると、毛先のパサつきもなくなって、一気に健康的な髪にシフトするよ。

※※※

ね。復元ドライヤーもナノケアドライヤーもサラ髪効果すごいでしょ?

ただ、復元ドライヤーもナノケアドライヤーも、ボリュームアップ効果はないかな。

②頭皮や髪にやさしいモード

次に、 復元ドライヤーもナノケアも、どちらにも共通する優秀なポイント2つ目は、 頭皮や髪にやさしいモードがあること。

☑復元ドライヤー⇒温風温度が65℃のLOWモード
☑ナノケアドライヤー⇒温風温度を常に60℃以下にするインテリジェンス温風モード

ただ、復元ドライヤーのLOWモードだと髪を乾かすのにかなり時間がかかるんだよね・・・。

③スキンケアモード♡

さらに、 復元ドライヤーもナノケアも、どちらにも共通する優秀なポイント3つ目は、 スキンケアモード。

ただ、私は、復元ドライヤーもナノケアドライヤーも、正直、スキンケア効果はわからないかな・・・(汗

復元ドライヤーはナノケアと比較して2メリットありんす!

次は、復元ドライヤーがナノケアドライヤーより勝ってる、復元ドライヤーのメリット2つをご紹介。

復元ドライヤー|ナノケアと比べた2メリット
  1. 復元ドライヤーは、ナノケアより5,000円ほど安い。
  2. 復元ドライヤーは、ナノケアと比べてエコなドライヤー。

①復元ドライヤーはナノケアより5000円ほど安い

まず、復元ドライヤーとナノケアドライヤーを比べた時に、復元ドライヤーが優秀だと思う1つ目のポイントは、価格の安さ。

ナノケアドライヤーの価格は、30,000円前後。

created by Rinker
¥29,800 (2020/09/28 09:18:36時点 楽天市場調べ-詳細)

一方、FUKUGEN DREYERの価格は、22,800円。

created by Rinker
¥22,880 (2020/09/28 23:08:24時点 楽天市場調べ-詳細)

ナノケアドライヤーの値段は変動するけど、復元ドライヤーの方が、5000円~7000円安いよね。

②復元ドライヤーはエコなドライヤー

次に、復元ドライヤーとナノケアドライヤーを比べた時に、復元ドライヤーが優秀だと思う2つ目のポイントは、エコなところ。

実は、復元ドライヤーは、ワット数が750W(ナノケアは1200W)で、ドライヤー界随一、低消費電力なドライヤーなの。

さらに、風量も1.0㎥/分(ナノケア1.3 ㎥/分 )と低風量。

復元ドライヤーとナノケアドライヤーの音の大きさを比較している表

あと、復元ドライヤーのドライヤー音なんだけど、この通り、ナノケアに比べて静かなんだよね。

つまり、復元ドライヤーは、ナノケアドライヤーと比べて、低消費電力&低風量&低騒音で、エコなドライヤーなんだよね。

復元ドライヤーはナノケアと比較して2デメリットありんす!

最後に、復元ドライヤーがナノケアドライヤーより劣ってる点、復元ドライヤーのデメリット2つをご紹介。

復元ドライヤー|ナノケアと比べた2デメリット
  1. 乾くのが遅い。
  2. 冷風機能が使いにくい。

①復元ドライヤーはナノケアより速乾性がイマイチ

復元ドライヤーとナノケアドライヤーを比べた時に、復元ドライヤーがイマイチだと思う1つ目のポイントは、速乾力。

この↓70cmのロングヘアを乾かしてみたところ・・・

復元ドライヤーとナノケアドライヤーの速乾力を比較する写真

☑ナノケアドライヤー⇒7分半
☑復元ドライヤー⇒8分半

復元ドライヤー、ワット数が小さいエコドライヤーだから、どうしても速乾性はソコソコって感じになっちゃうんだよねー。

②復元ドライヤーは冷風ボタンを押し続けないと冷風ドライできない

復元ドライヤーとナノケアドライヤーを比べた時に、復元ドライヤーが優秀だと思う2つ目のポイントは、冷風ドライ機能。

復元ドライヤーは、冷風を使う時は、冷風ボタンを押し続けないといけないの。

コレ、冷風ドライを長い時間すると、地味に面倒なんだよね。

※※※

復元ドライヤーとナノケアドライヤー、どちらにもメリットデメリットがあるから、自分がどんなドライヤーが欲しいかを決めてから選ぶといいよ。

ただ、やっぱりドライヤー時間が長いのは苦痛だから、ずっとショートヘアにするっていう人以外は、速乾力のあるナノケアドライヤーを選ぶのがおすすめ。

復元ドライヤーとナノケア、どっちを選ぶか決まった??

これ読んでも、復元ドライヤーかナノケアドライヤーか選べないよー><って人は、それぞれのレビュー記事↓を読んでみて。

復元ドライヤーとナノケアドライヤー、それぞれ、がっつりレビューしてるから、今度こそ、決められるよ!