あの高級ドライヤーが月1000円で使える!サブスクリプションサービスがはじまったよ

ダイソンが、ドライヤーやコードレスクリーナー・ファンヒーターを1カ月1000円~借りられる、サブスクリプションサービスを始めたよ!!

しかも、2年ごとにアップグレードした新機種を使えるんだって。

ダイソンドライヤーのサブスクプランは2種類

そのダイソンのドライヤーを定額で借りられるサブスクリプションプランは2種類。

1つ目は、設定期間が2年間で1カ月1500円で借りられるアドバンスプラン。

で、2つ目は、設定期間が3年間で1カ月1000円借りられるパフォーマンスプラン。

ダイソンのサブスクサービスの注意点

買うと49,500円するダイソンのドライヤーを1カ月1000円で借りられるなんて夢のようだよね。

でも、このサブスクサービスには、いくつか注意点があるよ!

ダイソンドライヤーのサブスクサービスの注意点
  1. 借りる月は月額代金プラス事務手数料3,000円が必要。
  2. 月額代金は 利用中のプランの終了・解約手続き日の翌月末日まで発生。
  3. 設定期間中のプランの変更・解約 に事務手数料3000円がかかる。

1カ月だけサブスクサービスでダイソンドライヤーを使おうとすると・・

具体的に、1カ月だけサブスクサービスでダイソンのドライヤーを借りるとどうなるかを計算してみるよ。

まず、サブスクを開始する月は、事務手数料3000円+月額代金1000円の計4000円かかるんだよね。

(正確には、借りる月は、日割り計算してくれるから、借りた日数分だけの料金が請求されるんだけどね。)

で、その1カ月目にサブスクサービスを解約することを連絡しても、翌月の月額代金1000円は支払わないといけない。

さらに、そのプランを解約するから、事務手数料が3000円かかる。

要は、月1000円のダイソンのドライヤーのサブスクサービスプランに申し込んで、1カ月目に解約手続きをしても、約8000円はかかるてこと。

1カ月で8000円だから(正確には約2カ月間使えるけど)、ちょっと借りてみよーってダイソンのサブスクサービスを申し込むのは止めたほうがいいよね。

1年間 サブスクサービスでダイソンドライヤーを借りる場合は・・

次は、 1年間、サブスクサービスでダイソンのドライヤーを借りるとどうなるかを計算してみるよ。

申し込み月と解約月の事務手数料は、3000円ずつで計6000円。

さらに、12カ月分の月額代金が12000円(11カ月目に解約手続きしないといけないけど。)。

つまり、ダイソンのドライヤーを、1年間、18000円で使える計算になるんだよね。

ダイソンのドライヤーて49,500円もするから、1年間この値段で使えるならお得だなぁと思えるなら、使ってみてもいいかもね。

ただ、18000円って、あと4000円足したら、髪の毛がサラサラサラサラ~ってなる復元ドライヤー買えちゃう金額でもあるから、そこは慎重に検討した方がいいかな。

【公式】CALEA 復元ドライヤー FUKUGEN DRYER

サブスクサービスはダイソンドライヤーを使い続けたい人におすすめかな

こうして具体的にダイソンのサブスクサービスを計算してみると、短い期間借りるのは全然お得じゃないし、ある程度の期間借りると他の高級ドライヤーが買える金額になっちゃう・・・

ただ、49,500円するダイソンのドライヤーの値段を考えると、お得かなぁとも思うよね?

2年ごとに新機種にアップグレードもしてもらえるしさ。

つまり、このダイソンのサブスクサービスは、ダイソンのドライヤーをより良い状態でずっと使い続けたい人にはおすすめできるプランなんだよね。

だから、ダイソンのドライヤーを買おうかなぁと考えてる人こそ、サブスクサービスを利用するか、購入するか、検討してみるといいと思うよ。

ダイソンのサブスクプラン、気になってるなら早めにチェック!!

で、気になる人は、早めに問い合わせてした方がいいよ。

現在、1人あたりの受付プラン数を制限して、さらに、毎月累計500プランまでしか受け付けしてないんだって。

問い合わせは、ココからできるよ。

ダイソンのドライヤーをじっくり試してみたい人はDyson DemoヘGO!!

ダイソンのドライヤーをある程度ゆっくり試したいって人いは、ダイソンの製品が試せるDyson Demoがおすすめだよ。

日本全国に数か所しかないのがネックだけど、もし、近くにショップがある場合は、そこで試してみるのがいいと思う。

(場所は、ココで調べてみて。)

新宿伊勢丹の中には、ダイソンでヘアドライをしてもらえすサロンもあるよ!

ダイソンドライヤー高価なドライヤーだから、納得するまで色々試してみてね。