アメリカのヘアドライの必須アイテム、ディヒューザーを紹介するための写真

今回は、アメリカのバライティに富んだディフューザーを紹介するよ。

ところで、ディフューザーって知ってる??

ドライヤーの風気口につけるコレね↓。コレ。

美容院でパーマをかけた後のヘアドライの時によく使われてるよね?

ディフューザーを使ってヘアドライすると、カールがキレイに仕上がるんだよね。

でも、日本だと、家庭用ドライヤーにディフューザーが付いてるケースって少ないよね。

私が持ってるドライヤーでも、ディフューザーがついてるのは、20のうちこの2つだけ。
☑テスコムドライヤーTCD5100
☑ダイソンのドライヤー

テスコムドライヤーTCD5100は、海外仕様のドライヤーだし、ダイソンのドライヤーは世界中で使われてる。

要は、日本の家庭用ドライヤーでディフューザーがついてるドライヤーは、海外でも使えるドライヤーだけ。

ところが、「所変わればドライヤー変わる!?」で、アメリカの家庭用ドライヤーにディフューザーは必須アイテム。

日本と比べてカーリーヘアの人の数が圧倒的に多いから、家でのヘアドライでもキレイにカールを出したいっていうニーズが一般的なんだろうね。

アメリカのディフューザーは、バライティに富んでて、見てるだけでもかなり面白いよ!

まず、これ↓が、アメリカの人気NO.1ディフューザー。

出典:BYRDIE

形がすでにユニークなんだけど、速乾性に優れてる上にセラミックが使われてるから美髪に仕上がる優れものなんだって。

さらに、それぞれの髪質に合わせたディフューザーもあるんだよ。

例えば、この↓ディフューザーは太い髪用。

出典:BYRDIE

で、反対に細い髪用のディフューザーもある!

出典:BYRDIE

もちろん、こんな↓どんな髪でもオールマイティに使えるディフューザーもある!!

出典:BYRDIE

さらに、自身のカールをよりボリューミィに仕上げたい時には、この↓ディフューザー。

出典:BYRDIE

自分のカールをより美しく見せるためのアイテムがこんなに充実してるっていいよね!!

ただ、ディヒューザーって、かなり場所を取るから、持ち運びはNGだなぁと思っていたら・・・

アメリカには携帯用のディフューザーもあったよ!

出典:BYRDIE

こんな風↑なソフトな素材でできてるものもあるし・・・

出典:BYRDIE

こんな↑コンパクトにできるタイプもある!

ホント、ディフューザーに対する思い入れは日本と全然違うよね。

出典:BYRDIE

そして、その集大成として、アタッチメントじゃなくて、ディフューザーと一体化してるドライヤーまであったよ!

髪質や目指すスタイリングが違うと、ヘアドライの常識や必須アイテムも全然違ってくるんだね。

これからもこうやって他の国のドライヤー事情もチェックしていく予定。

皆さんも話の種にでもしてねー!!