「最先端テクノロジー詰め込みすぎ!?」アメリカ生まれのAI搭載のハンズフリードライヤーをご紹介

先日、韓国で人気のドライヤーを紹介したけど、そん時に面白いドライヤー見つけたの。

そのドライヤーが、コレ↓。

ユニークな形だよね。

このドライヤーは韓国でも販売されてるけど、アメリカのAER社で開発されたアメリカ生まれのドライヤーみたい。

https://aerdryer.com/

AER社が開発した特殊な充電池が使われていて、1時間半充電すると、4時間ハンズフリーで使えるんだって。

https://aerdryer.com/

だから、コンセプトは、「いつでもどこにでも一緒に連れていけるドライヤー♡」

(結構、ゴッツイけどね・・・・)

さらに、このドライヤーのスゴイところは、特許取得済みのAI"SmartDry AI Tech"が搭載されていて、温風の温度とモーターの温度を制御するから、いつでも髪にやさしいヘアドライができるんだって。

https://aerdryer.com/

さらに、スマホと接続すると、ドライヤーの持ち主のヘアドライの好みを完全に把握して、その人にあったヘアドライを提案してくれるんだって。

日本では、この↑シャープのドレープフロードライヤーが、スマホと連動して自分に合ったヘアドライができるんだけど、それと似てるね。

ドライヤーにAI(人工知能)を搭載するなんて、すごいよね。

でも、AERのドライヤーはAIやバッテリーがすごいだけじゃなくて、ユーザーが最適なスタイリングをできるように、アタッチメントもこんな風↓に充実してるんだよ。

https://aerdryer.com/

フランスのドライヤーを調べた時もそうだったけど、カーリーヘアの人にはディヒューザーが必須なのか、このAERドライヤーにもディヒューザーがついてるね。

日本だと、ダイソンとテスコムの最上位機種くらいしか付いてないけどね。

やっぱり、"所変われば人変わる。"じゃないけど、国が変わればドライヤーの常識も変わるんだね。

また、色んな国のドライヤーや面白いドライヤーがあったら紹介するね!!