デンキバリブラシの口コミ記事の画像
ららん(横向き)

この記事では、大人気のデンキバリブラシ(電気バリブラシ)の口コミ体験談をご紹介!

デンキバリブラシを買った時の写真

ララン(指差し)左

デンキバリブラシ、ブラシっていうネーミングだけど、使えるのは頭皮だけじゃない!

フェイス・ネック・デコルテ・腰など、全身のケアに使える♪

デンキバリブラシを使った時のほうれい線などへのリフトアップ効果

(デンキバリブラシ使用前→使用後の写真)

デンキバリブラシ、1度使っただけで効果テキメン!

●デンキバリブラシを使ってみて感じた効果●

・フェイスラインがリフトアップしてシュッとする。
・顔全体にハリがでる。
・ほうれい線がうすくなる。
・頭皮や首筋のコリがとれてめちゃくちゃスッキリする。

ただ、デンキバリブラシ、198,000円(税込)でとにかくお高い・・。

でも、なんと期間限定(7月12日~9月30日)で、デンキバリブラシ、178,200円(税込)で買えるの!

しかも、公式サイトなら、計12,460円分の2種類のローションプレゼントもある♪

19,800円も安いから、超お買い得!お迷いの方は、ぜひこの機会に♪

デンキバリブラシの仕組みは?

デンキバリブラシには32本のピンヘッドがあって、この先の電極部分から低周波を発生させる仕組み。

デンキバリブラシのピンヘッドの写真

だから、デンキバリブラシを肌にあてると、ピンヘッドの先から肌に低周波の刺激が伝わるの。

低周波は1秒間に1000回ほど振動するから、ピンヘッドが触れた肌はとっても細かい振動が伝わって、徐々に徐々コリやむくみが解消するんだ。

しかも、そこからさらに使い続けることで、いつも血行の良い肌状態(頭皮状態)が維持できる。

結果、お肌はいつもイキイキした状態を保てるし、頭皮の状態が良いことでイキイキした髪もキープできるんだって。

デンキバリブラシの効果は?

電気バリブラシはほうれい線やむくみに効く。リフトアップ効果も!

先ほどと同じ写真だけど、デンキバリブラシ、顔ののむくみやほうれい線には効果テキメン。

デンキバリブラシのゴルゴラインへの効果の写真

使えば、顔の肌全体にしっかりハリが出て、リフトアップ効果がよくわかる。

さらに、シワ・クマ・ゴルゴラインも目立ちにくくなるよね。

わかりやすかったのは首のシワ。1回使っただけで薄くなった。

毛穴効果はよくわからなかったけど、お化粧のノリがよくなってるから、やっぱり効果出てるんだと思う。

ただ、10回ほど使っても肝斑やシミへの効果は感じられないし、めちゃくちゃ小顔になることもないね(笑

電気バリブラシは薄毛ふんわり効果はあるね。とにかく頭は気持ちいい!

電気バリブラシで頭皮をマッサージすると、はじめの方は、レベル1でもピリピリ結構痛かった。

でも、ケアが終わった後は、頭がじんわり温かくなって、かなりスッキリ軽くなる。

まるで、ヘッドスパを受けた後みたい。

しかも、ケアの回数を重ねるごとに、レベルをあげても、痛くなくなる。

最終的には、慢性的な肩こりが楽になって、偏頭痛持ちなんだけど、頭痛の頻度も下がった!

デンキバリブラシの薄毛への効果を表す写真

あと、この↑写真見てもらうとわかると思うんだけど、頭皮+おでこの生え際にブラシをあてることで、確実に薄毛にふんわり効果はある。

(右半分の頭皮にはブラシをあてて、左半分にはあてなかったときの写真。)

これは、薄毛が濃くなったんではなくて、髪の毛の立ち上がりがよくなったっていう印象。

本当に育毛したりしてるわけではないと思う。

ただ、薄毛や抜け毛をなくして育毛を促進したい場合も、頭皮の状態をよくしておかないといかないのは確か。

なので、抜け毛や薄毛の予防にはなるね。

電気バリブラシで痩せることはないっ

あと、デンキバリブラシって聞くと、鍼灸のハリが浮かぶのか、「痩せる?」って聞かれることがあんの。

100%ととは言い切れないけど、99.9999%、デンキバリブラシで痩せるってことはないと思う(笑

他には、足や腰にもたまに使うけど、これで腰痛が治るってこともないな。

電気バリブラシで気持ち良い睡眠は訪れるよ!

でも、デンキバリブラシをあてると血行がよくなって自律神経も整うのか、結構眠くなる。

なので、眠れない時に電気バリブラシで頭皮ケアするのはとってもおすすめ。

デンキバリブラシを最安値でどこで買う?ディノスオンラインでクーポン使うのが一番!!

魅力的な電気バリブラシの定価は198,000円

こんな感じで、デンキバリブラシは、

✔ 顔のむくみやほうれい線には効果テキメン
✔ リフトアップ効果をすぐに感じられる
✔ 薄毛をふんわりさせる効果がある
✔ 頭や肩がスッキリして気持ち良い

ってな具合に、美容にもバッチリ効くし、リラックス効果もあるアイテム。

ただ、定価198,000円で非常にお高い!!!!

だから、少しでも安く買いたいよね!?

電気バリブラシは楽天・アマゾン・ヨドバシカメラなどの家電量販店では売ってない

まず、デンキバリブラシは、ヨドバシやヤマダ電機などのほとんどの家電量販店では販売されてない。

さらには、アマゾンや楽天市場でも、デンキバリブラシは、販売されてないんだよね。

(正確には、楽天では販売されてるけど、定価よりかなり高いから、販売されてないとみなしております。)

基本的にWEBで買えるのは、現在、この4つ。

  1. 公式オンライン
  2. ディノスオンラインぐショッピング
  3. ビックカメラの通販サイト
  4. JALのショッピングサイト

実は、9月30日までは、どのサイトも198,000円(税込)のデンキバリブラシが178,200円(税込)。

でも、計12,460円分の2種類のローションももらえるのは、公式サイトだけ!!

19,800円+2種類のローション(12,460円)が超お得!お迷いの方は、ぜひこの機会に♪

デンキバリブラシとヤーマンミーゼのスカルプリフトとの比較

デンキバリブラシについて色々調べ始めると、似た形のヤーマンのスカルプリフトも気になり始めない?

電気バリブラシがコレで・・

デンキバリブラシの口コミ記事の画像

ヤーマンのスカルプリフトがコレ。

ヤーマンのスカルプリフトの写真

結構形が似てますよね。

ただ、お値段は全然違って、デンキバリブラシは198,000円(税込み)なのに対して、ヤーマンのスカルプリフトは33,000円(税込み)。

デンキバリブラシ、やっぱりすっごく高いから、ヤーマンのスカルプリフトがそこそこ良いならコッチでもいいかなぁって考えちゃうよね。

デンキバリブラシとヤーマンのスカルプリフトの比較

デンキバリブラシもヤーマンのスカルプブラシも低周波刺激で、頭皮ケアやフェイスケアをする仕様。

ただ、細かいことは発表されて全く同じ機能で低周波を伝えているわけではない模様。

その証拠に、ヤーマンのスカルプリフトは、使い始めからほとんど低周波を感じることがないの。

でも、その一方でデンキバリブラシは、使い始め、低周波の刺激が、特に凝り固まってた頭皮なんかには、ツライくらいピリピリ伝わってきたの。

デンキバリブラシとヤーマンのスカルプリフトのリフトアップ効果の比較

で、その結果、やっぱりデンキバリブラシとヤーマンのスカルプリフトでは、リフトアップ効果が全然違った

デンキバリブラシは、1回使っただけで、こんな感じ↑で、リフトアップ効果がかなり感じられるの。

ヤーマンのスカルプリフトのリフトアップ効果の写真

でも、ヤーマンのスカルプリフトは、1回の使用だと、こんな感じで、結構拡大してみるとリフトアップ効果がほんのり感じられるレベル。

ま、値段が全然違うから、当たり前っていったら当たり前なんだけど、デンキバリブラシの方がヤーマンのスカルプリフトよりリフトアップ効果、各段に上だね。

デンキバリブラシとヤーマンのスカルプケアリフトのスカルプケア効果の比較

あと、デンキバリブラシもヤーマンのスカルプケアリフトも、スカルプケアができるの。

ココまで紹介してなかったけど、実は、スカルプリフトは、フェイスケアする時とスカルプケアする時でアタッチメントを変えるの。

スカルプケア用のアタッチメント使う時は、こんな風にフェイスケア用のアタッチメントを外して・・・・

ヤーマンのスカルプリフトのアタッチメントを外した時の写真

スカルプケア用のアタッチメントを付ければOK。

ヤーマンのスカルプリフトのスカルプケア用のアタッチメントの写真

で、話がそれちゃったけど、デンキバリブラシとヤーマンのスカルプリフトのスカルプ効果、頭のコリまでしっかりほぐれて頭のシンからスッキリするのは、デンキバリブラシ。

一方、スカルプリフトは、デンキバリブラシほどのスッキリ感はないけど、頭皮が振動でほぐれて、スッキリする感覚はある。

さらに、デンキバリブラシは、スカルプケアすると髪のボリュームアップ効果があったよね。

でも、ヤーマンのスカルプリフトでスカルプケアしても、髪のボリュームアップ効果は感じられないな。

デンキバリブラシのデメリットでもあるヤーマンのスカルプリフトのメリット

まぁ、何度も言うけど、デンキバリブラシとヤーマンのスカルプリフト、値段が全然違うから、デンキバリブラシの方が色々な点で優秀なのは頷けるよね。

ただ、ヤーマンのスカルプリフト、デンキバリブラシよりも1つもいい所がないの?って言ったら、そんなことはない。

ヤーマンのスカルプリフトは、デンキバリブラシと違って、お風呂で使えるの。

お風呂につかりながら、ケアできるのは、魅力的だよね。

デンキバリブラシとティレット(TILLET)美顔器の比較

他には、ティレット美顔器も気になり始めない?

なので、次は、デンキバリブラシとティレット美顔器を比較してみた。

●デンキバリブラシとティレット美顔器の価格の比較●

デンキバリブラシの価格は、198,000円(税込)。

デンキバリブラシの口コミ記事の画像

ティレットの美顔器は、107,800円。

ティレット美顔器のヘア端子の写真

ららコチラ

ティレット美顔器の方がデンキバリブラシより90,000円より安いね。

●デンキバリブラシとティレット美顔器の機能の比較●

ティレットの方が90,000円安いとはいえ、デンキバリブラシもティレットも非常に高価。

だからこそ、デンキバリブラシとティレット、どこがどう違うのがしっかり把握しておきたいよね。

ララン(指差し)左

そこで、デンキバリブラシとティレット、徹底的に比較してみた!

 デンキバリブラシティレット
価格198,000円107,800円
出力レベル数4段階10段階
イオン導入機能なしあり
エレクトロポレーション機能なしあり
LED機能2色(4個)1色
バイブレーション機能なしあり
EMS機能ありあり
ケア範囲頭皮・顔・全身頭皮・顔・首肩
重さ160g140g
サイズW40×H180×D55mm
W65×H140×D65mm
原産国組立工程を日本生産から日本
使用可能時間300分/回の充電340分/回の充電
顔用アタッチメントなしあり

デンキブラシの方が、全身ケアできるから、ケア範囲は広い。

反対に、ティレットの方が、3つも機能(イオン導入・エレクトロポーション・バイブレーション)が多い。

●デンキバリブラシとティレットの効果の比較●

で、やっぱり、一番気になるのはその効果だよね。

ララン(指差し)左

だから、デンキバリブラシとティレット、徹底的に比較してみた!

(デンキバリブラシのビフォア・アフタ写真)

デンキバリブラシは、1回使っただけで、こんな感じ↑で、リフトアップ効果がかなり感じられた!

一方、ティレットも負けてはいない!!

ティレットの美顔効果の写真

ティレットは、フェイスレインがスッキリうえに、お化粧品がしっかり染み込んでお肌がモッチモチになる!

※※※

デンキバリブラシとティレットの徹底比較、参考になったかな?

デンキバリブラシの使い方

最後に、付属の取扱説明書見たら簡単だけど、電気ブラシの使い方を説明しとくね。

①電気バリブラシに付属の充電器で充電。

専用の充電ACアダプターと充電量USBケーブルがついてるから、PCや壁電源で充電。

充電には1時間半くらい必要。

デンキバリブラシは、充電中は使えないから、使う前には余裕をもって充電しておくのがいいね。

1度充電したら300時間くらいは使える。

②髪や頭皮・デコルテなどを軽くぬらしておく。

はじめて電気バリブラシ使う時って、皮膚がピリピリっとして痛く感じることがあるの。

だから、もちろん、最初は、刺激周期の速度のレベルを一番小さいL1からスタートするんだけど、それでも、痛い時があるの。

その痛みに一番効果的なのは、ブラシをあてる箇所を水で濡らしておくことなの。

だから、一番最初に使う時は、電気バリブラシをあてる予定の場所を霧吹きなんかでかるく濡らしておくのがおすすめ。

③電源バリブラシの電源ON!!

デンキバリブラシの電源スイッチの写真

準備が整ったら、サイドにある電源スイッチをON!

④刺激周期と刺激の強さを設定する。

デンキバリブラシの切替速度と強度のスイッチの写真

裏側の左下にある刺激周期切替ボタンで、刺激周期の切替速度レベル1~4のいずれかを選択。

レベルがあがるほど、刺激がくる周期が早くなるから、最初は絶対小さいレベルに設定しておくのがいいよ。

最初は、頭皮とかめっちゃ痛かったからね・・・。

で、次に、右下にある刺激レベル切替ボタンで、刺激強度のレベル1~4のいずれかを選択。

これも最初は必ずレベル1からスタートすること!

電源ONから10分間連続作動するから、気になる箇所をケアすればOK。

頭皮・顔・デコルテなどのケア方法は、この動画↓で詳しく紹介されてるから、これを真似してケアしてね。

※※※

デンキバリブラシ、とってもお高いけど、美容ケアと体の真のケアができるから手放せない~。

芸能人の方などの間で人気が爆発するのも頷ける。

しかも、9月30日までは、デンキバリブラシ、定価の19,800円引きの178,200円(税込)で買えるの!

しかも、公式サイトなら、計12,460円分の2種類のローションプレゼントもある♪

19,800円も安いから、超お買い得!お迷いの方は、ぜひこの機会に♪

※※※

あ、保証書は、取扱い説明書の裏についてるから、きちんと保管しておいてね。

ところで、デンキバリブラシ、本体は1年保証なんだけど、ブラシ部分は半年しか保証期間ないから、そこは要注意ね。

CHECK!!


インスタほぼ毎日更新してます♪ 

↑青ボタンクリックで、ぜひフォローを!!